2月14日に感謝。

皆様こんにちは。ろぅでございます。

Mr.さくらんぼさんは5月の準備のあれこれで
「他のウサギの手も足も耳も借りたいくらい忙しいんですウサ!」
とのことですので、本日はわたくしがお送りいたします。

さて、先月のバレンタインデーに素敵な贈り物が届きました。
受け取った彼らから御礼が届いております。
贈り主様も、“彼ら”が誰か気になるという皆様も、よろしければ続きをご覧ください。


ノル 「戸神様、キノコです」

戸神 「おう、お前ェもキノコか!」

ノル 「いえ、私はキノコでは御座いません」

戸神 「何言ってんでェ、どっからどう見たってキノコじゃねェか」

ノル 「ええ、確かに私の頭部は現在苗床真っ只中ですが、私自身はキノコではないのです」

戸神 「なあ、その天辺に生えたキノコは喰えンのか?」

ノル 「食したことがないので何とも。……もしや、食べようとしているのですか?」

戸神 「いや、俺ァ修行中だからな。喰わねぇぜ!」

ノル 「それはようございました。今このキノコと私は一体化しており、もし引き抜かれでもしたら中身がずるりと……」

戸神 「ん? やっぱりお前ェもキノコなのか?」

ノル 「いえ、それとこれとは話が別です。冬虫夏草のようなものかと」

戸神 「ところでお前ェの中身はどうなってやがんだ? ガラス玉みてェな身体じゃねェか」

ノル 「これは表面のみの強化加工なのです。中身は皆様同様臓物がぎっちり詰まっております」

戸神 「そうなのか!?」

ノル 「嘘です」

戸神 「おいおい、嘘はいけねェぜ。閻魔様に舌を舐められるんだぜ?」

ノル 「時に」

戸神 「おう?」

ノル 「実は我々、バレンタインデーにチョコレートを頂いたのです」

戸神 「ああ、あのキノコな!」

ノル 「キノコの形をしていただけで、あれはチョコレートです戸神様」

戸神 「でもキノコには変わりねぇだろ? キノコの形してるんだからよォ!」

ノル 「…………」

20170314_TNSP.jpg

ノル 「そうですね」

戸神 「だろ?」

ノル 「戸神様にはキノコ型のチョコを、私の方には私色の袋と缶に包まれたチョコレートをありがとう御座いました」

戸神 「ありがとなァ!」

ノル 「沢山の球体が詰まっていたので、一粒だけ若様に与えておきました」

戸神 「おう、優しいじゃねェかお前ェ」

ノル 「ええ。私、自分でも空恐ろしくなる程の博愛主義者ですので」

戸神 「人を思いやれるってのはすっげェ良いことだと思うぜ! 俺もお前ェを見習わねェとな!」

ノル 「照れますね。それでは我らのお礼タイムもこの辺で終わりと致しましょう」

戸神 「分かったぜ! ……ところでお前ェ、誰だ?」

ノル 「通りすがりのセキセイインコです」


 ホーム