スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★Happy Birth Day!!

本日3月6日は大井川兄さんのお誕生日です!

……という訳で、今回はFD攻略対象勢揃いで、
兄さんの誕生日を祝ったり、
ルートについて話し合ったり色々しておりますよ!

是非、ごゆるりとお楽しみ下さいませ。

※今回はチャット形式ではありませんので、
 通常通り、上から下へ向かってお読み下さい!







--------------------------------------------------
大井川 > 「今日は俺の誕生会へようこそ!!あれ、でも誰もいない!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「いますよー」
--------------------------------------------------
榛名 > 「主役の癖に待たせるなよ!彼女のお兄さんだから許すけど」
--------------------------------------------------
猪口 > 「こら望。そんなこと言うもんじゃないぞ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ところで、大井川はいくつになるんだ?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「永遠のぴっちぴち19歳でっす☆」
--------------------------------------------------
望月 > 「俺と一緒ですよね、年」
--------------------------------------------------
榛名 > 「身長はこんなに違うのにね、現実って残酷だよね」
--------------------------------------------------
望月 > 「猪口さん。あなたのお友達が早速毒を吐いてきたのですが……」
--------------------------------------------------
猪口 > 「すまない望月くん。我慢してやってくれ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「で、俺達は何の為に集まったのだね?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「き、今日は俺の誕生会へようこそー!!2回目!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「おめでとうございます!」
--------------------------------------------------
猪口 > 「おめでとうございます」
--------------------------------------------------
榛名 > 「年も取らない癖に誕生会とか……っていうか、誕生会って何するの?呼ばれたことないから分かんない」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「それで、大井川の誕生祝いに何をするのだ?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「うん。このメンバーってまとまりないから俺何をして貰おうか考えてきたんだ!まぁ今回主役だし!」
--------------------------------------------------
望月 > 「今までの経験を生かした上での作戦を持ってきたんですね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「その通り!自分の誕生日でまで俺は大火傷をしたくない!!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……という訳で、今回は“俺のルートについて語り合う”っていう企画をだな……」
--------------------------------------------------
望月 > 「山はいいですよ」
--------------------------------------------------
猪口 > 「寒村もいいぞ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「炎上もいいぞ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「心中最高!!! ……まぁ、僕と彼女がくっつかないだけで全部糞ルートなんだけどね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「さり気なく本編での自分達の依存エンドやバッドエンドをいれてくるとは……この宣伝上手共が!!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ところで大井川、君の依存エンドの評判はどうだったのだ?」
--------------------------------------------------
望月 > 「依存エンド限定なんですね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「あ……驚いた。旦那が食いついてくれた」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「誰が酔っ払いだ。俺だって仕事をするときはするのだよ」
--------------------------------------------------
望月 > 「誰も酔っ払いだなんて言ってませんよ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……まぁ、『なんか違う』という感想を頂いたりはしましたね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「どういうことかね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「『切なくて好き』だと言ってくれる妹と、『依存の仕方が想像と違う』という妹と……両極端といいますか」
--------------------------------------------------
榛名 > 「まぁ、依存っていったらもっと女の子にべったべたになるもんね、何で離れてるのかっていう」
--------------------------------------------------
望月 > 「“依存の仕方が想像と違う”というのは本編もですよ、大井川さん……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「本編ともども斜めだったと」
--------------------------------------------------
榛名 > 「本編の時は“男が依存するんじゃないのか”って感想沢山見たなー」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……って、そんな感想を踏まえたからこそ俺の依存エンドは生まれたんだぞ!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「どのあたりに踏まえた部分が?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「俺が依存する!!……これだけは最初から決めてあったんだよ!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「依存できました?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……俺にしか出来ない依存エンドでした!!それだけは言わせて貰うから!!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「なるほど、地の利を生かした戦法という訳だな」
--------------------------------------------------
大井川 > 「まぁ……ほら、俺君達と違って立ち位置とか関係性が最初からあるからさ」
--------------------------------------------------
猪口 > 「……では、新規で護さんの依存エンドを皆で考えてみるというのはどうです? 純愛と依存の2種類のエンドしかなかったみたいですし」
--------------------------------------------------
榛名 > 「さっすが渉☆あったまいいな!」
--------------------------------------------------
望月 > 「食いつきいいですね、榛名さん……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「成程……。じゃあ皆、教えて☆」
--------------------------------------------------
望月 > 「山はどうですか」
--------------------------------------------------
榛名 > 「山……って、何?君の依存BADをなぞれと?」
--------------------------------------------------
望月 > 「いえ、お勧めしているだけです」
--------------------------------------------------
大井川 > 「例えば山でどんなことをすれば喜ばれるんだ?俺の場合は」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「鬼ごっこなどはどうだ?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……鬼ごっこですか?」
--------------------------------------------------
望月 > 「狂気的ですけどね、そんな依存ルートだったら」
--------------------------------------------------
榛名 > 「ああ……そういうこと。僕、波打ち際で白いワンピースの少女を追いかけるような妄想してた。……あ、でも依存じゃないな」
--------------------------------------------------
大井川 > 「山で鬼ごっこしてる間に出られなくなって……デスゲームだなー」
--------------------------------------------------
望月 > 「山とか言ってすみませんでした。あ、猪口さんはお勧めの依存の仕方ありますか?」
--------------------------------------------------
猪口 > 「魚はどうだろう」
--------------------------------------------------
望月 > 「さ、魚……?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……魚に依存されるの?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「新しいな。魚類との恋か」
--------------------------------------------------
望月 > 「俺らの存在いりませんね」
--------------------------------------------------
榛名 > 「水槽の中に彼女を入れて、魚に追いかけられてるところみて喜ぶとか?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……大きい水槽が必要だね」
--------------------------------------------------
望月 > 「大井川さんやるんですか!?」
--------------------------------------------------
猪口 > 「望、お前は本当にマニアックだな」
--------------------------------------------------
榛名 > 「え、何で!?水に濡れてる女の子とか色っぽいよね!!……何で!?」
--------------------------------------------------
望月 > 「まあ、いいと思いますよ……榛名さん、マニアック担当ですしね……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「よ、稀代の変態王!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「好みは十人十色だからね。でも俺は望くんの魚プレイで喜ぶ類の人間じゃないんだな、残念なことに」
--------------------------------------------------
榛名 > 「ちょ……何でだよ!!ここにいる連中がおかしいだけで僕は普通だから!!」
--------------------------------------------------
猪口 > 「望、ゆっくり静養できる場所を知ってるぞ。案内状を書いてやろう」
--------------------------------------------------
望月 > 「榛名さん、それって猪口さんもおかしいってことですか?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「ああ、違う違う!!僕と渉が普通なだけで……間違えただけだよ!ばか!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……っていうか妹さ、魚捕まえて捌きそうじゃね?美味しく……」
--------------------------------------------------
猪口 > 「いいですね」
--------------------------------------------------
望月 > 「そして本題と離れていますね……他に案を出しましょうか。魚介類以外で」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……っていうかさ、依存って精神的な問題なんだからもっとその精神面をピックアップすべきじゃない?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「どうしたら、その精神的なおかしさをよりアピール出来るか……みたいな感じじゃないの?普通に」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「精神攻撃は散々本編で食らうがな。外野から」
--------------------------------------------------
大井川 > 「あー住民達はちょっとばかり精神的な病な気はするが……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「あれを“ちょっと”と言うのか君は。紅霞市で育つと誰も彼も我慢強く育つのだな」
--------------------------------------------------
望月 > 「そんなことはないと思いますが……」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……っていうか、僕の素晴らしい依存講義を聴けよ、貴様等!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「どうぞ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「具体的に言って貰えると分かりやすいかなー」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「好きなだけ語りたまえ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「僕さ、彼女だけ見て彼女の声だけ聞いて生きてたいんだ!」
--------------------------------------------------
望月 > 「大井川さん。お宅の妹さんを狙うストーカーが」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……ってことで、僕が彼女に監禁されるのはどうかな?そうすれば精神的におかしいのも分かるでしょ?会いたいのに会えなくて頭パニックになるっていうか……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「よ、マニアック担当!マニアック王!」
--------------------------------------------------
榛名 > 「だ……だから何でだよ!!こういう業界において監禁って最近じゃ割と王道でしょ!!紅霞市の市民権得てるでしょ!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「うーん……」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……そして頭のおかしくなった僕は、彼女を精神的に逃がしたくなくて、彼女がいない時に自殺しておくの!どう?どう?ねぇねぇ!」
--------------------------------------------------
望月 > 「久々に篤い人を見ましたよ……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「そういえば、望月のルートは望月自体が女将を軟禁状態だったな」
--------------------------------------------------
大井川 > 「おお、理也くんもやることやってるねー!」
--------------------------------------------------
望月 > 「……ええと、お言葉ですが大井川さんがあの時いらっしゃれば、あんなことには」
--------------------------------------------------
大井川 > 「それは惚れた男と惚れた女の問題だからなぁ!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「榛名、こぞってスルーされているぞ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……みんな僕の恐ろしいほどの依存ぶりに何も言えなくなってるだけだよ!そうに決まってる!!」
--------------------------------------------------
望月 > 「依存というものが奥が深いのだけは分かりました、ええ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……ま、まぁ、僕が好きって言ってくれる女の子ならきっと喜んでくれてるからそれでいいよ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……しかし俺、みんなの出してくれた依存案出来る気がしないんだが」
--------------------------------------------------
望月 > 「みんな好きなこと言ってるだけですからね。大井川さんに似合った、って所を失念している気が……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……俺に似合った依存エンドって何だろう。いや、依存エンドはもうあるから依存バッドか」
--------------------------------------------------
望月 > 「山はいいですよ。雨の日とか」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「突っ込みが大井川しかいないというのは非常に恐ろしい現実だな」
--------------------------------------------------
榛名 > 「そういえば……あれ、渉どうしたの?魚の話が終わった後から見ないけど……」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……いや、僕の静養所の話あたりからか。本当に文書作ってるのかな……」
--------------------------------------------------
望月 > 「猪口さん、有限実行の男ですからね……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……よほど心配されてるのかな?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ああ、あれを作っているんじゃないか?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「あれって何さ?」
--------------------------------------------------
猪口 > 「俺はここに居るぞ」
--------------------------------------------------
猪口 > 「セミ団子ケーキを作って持って来た」
--------------------------------------------------
榛名 > 「え、この短い時間で作ったの!?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「前に最短時間で作れるレシピを猪口と開発したのだ」
--------------------------------------------------
望月 > 「何故そこまでしてセミ団子ケーキに情熱を……一体何が神楽坂さんと猪口さんを駆り立てるんですか」
--------------------------------------------------
大井川 > 「材料も作り方もここまで聞きたくないケーキ初めてだよ、俺」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「おっと、レシピが欲しい?ノンノン。レシピは門外不出だからな。そうだろう、猪口」
--------------------------------------------------
大井川 > 「それはそれで非常に怖い……」
--------------------------------------------------
望月 > 「猪口さんは……味見、したんですか……?」
--------------------------------------------------
猪口 > 「(´-`)」 (^-^;
--------------------------------------------------
猪口 > 「(´-`)」 (^-^;
--------------------------------------------------
望月 > 「猪口さんが大変なことに……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ハイになるということだな」
--------------------------------------------------
榛名 > 「つまりそういう顔になる味……ってことだよね、きっとね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「さあ、大井川も食いたまえ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「え、ええ……いや、ええと……お、おいしいの?渉くん、ねぇ美味しいの?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「美味しいに決まってるだろう。何故俺から目をそらすのだね」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……っていうかさー、誰の誕生日だと思ってんの?主役が食べないとか失礼にも程があると思うんですけど、ねぇどうなの?」
--------------------------------------------------
望月 > 「大井川さん、ガンバ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「わー見事なほどに誰も助けてくれないゾ☆」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……うん、ありがとう。お誕生日祝ってくれてありがとう!……いただきます」
--------------------------------------------------
榛名 > 「美味しかったら僕も食べる」
--------------------------------------------------
望月 > 「美味しいですか?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……な、なめらかだね。味は……表現しがたいね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「……おかしいな」
--------------------------------------------------
望月 > 「何がおかしいんです?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「いや、なめらかという感想が出てくるのが不思議で仕方ない」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……さぁみんな、幸せになれるケーキを召し上がろうか。俺だけ貰うんじゃ勿体ないからさー♪」
--------------------------------------------------
望月 > 「というか、大井川さんハイになってませんか……?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「そーんなことないよ☆そうやって逃げないで是非食べようか」
--------------------------------------------------
望月 > 「お、大井川さん、お味は……?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「今なら俺がフォークで刺して食べさせてあげるという素敵なサービス付」
--------------------------------------------------
榛名 > 「はぁ?人に聞いてばっかいないで気になるなら食べてみればいいじゃん!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「少々失礼。味見を……」
--------------------------------------------------
望月 > 「うわ、わしづかんで食べた!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「もぐもぐもぐ……」
--------------------------------------------------
望月 > 「……あの、神楽坂さん、お味は……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「旦那、男前っすねー……で、お味は?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「(´-`)」 (^-^;
--------------------------------------------------
望月 > 「どういうこと!?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……つまり、そういう味だと」
--------------------------------------------------
望月 > 「……榛名さん、ちょっと食べてみませんか?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「遠慮せずに、先にどうぞ(にっこおおおおお……)」
--------------------------------------------------
望月 > 「いやいや、男らしいところ見せてくださいよ……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ったく二人とも仕方ないなぁ、俺が両手にフォークで口の中につっこんであげる……ほら食べろ!二人とも!」
--------------------------------------------------
望月 > 「……あの、店に遺書書いてきていいですか?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「…………………………ねぇ、おいしくないよ」
--------------------------------------------------
望月 > 「どんなお味ですか……?」
--------------------------------------------------
榛名 > 「(´-`)タベロヨ」
--------------------------------------------------
望月 > 「…………」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「(´-`)」 (^-^;
--------------------------------------------------
望月 > 「うわあああああ!!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「なんだ、俺の右腕が発狂を始めたぞ(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「望月くんだけが食べてないよって渉に言わないと!!(´-`)」
--------------------------------------------------
望月 > 「みんな顔が(´-`)になってる!!怖い!!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「俺の誕生会とは一体……」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……っていうかさ、企画はどうしたの?消え去ったの?」
--------------------------------------------------
望月 > 「大井川さんの誕生祝のついでに大井川さんの新たな依存ルートを皆で考えよう、って話でしたよね、確か……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「顔が戻らない(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「セミ団子ケーキ食ったらセミ団子ケーキに依存ルートだよ!食えよ!!(´-`)」
--------------------------------------------------
望月 > 「いやだああああああぁぁぁぁ……」
--------------------------------------------------
大井川 > 「仲良きことは美しきかな……っていうかさ、実は妹に自分の欲望ぶつけまくる!……って案もあったんです」
--------------------------------------------------
望月 > 「(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「食わされたな、望月(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「本当はずっと好きだったから……お前が望んでくれるのならずっと傍にいるよって、暗い感じのエンドをさ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「何故それは棄却されたのだね(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「俺が作られたポリシーに反するから……だったらしいです(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「つまりポリシーという名の鎖的な何かにとらわれていた、と……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「おっと(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「つまり男としての欲望を選ぶくらいだったら不幸になれ……って結論だった訳か(・∀・)ザマァ」
--------------------------------------------------
望月 > 「榛名さんだけ顔が違いますね(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「仲間はずれだな(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「みんなと同じことするなんて芸のないこと、僕はしないんで。それがポリシーだから」
--------------------------------------------------
猪口 > 「(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「猪口に笑われているぞ、榛名(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……渉が僕のことで笑ってくれるなら、僕は嬉しいよ!(・∀・)ハッピー」
--------------------------------------------------
望月 > 「篤いなぁ……(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「笑わせるのと笑われるのでは大分違うけどね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「(´-`)……ね」
--------------------------------------------------
望月 > 「そうですよね(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ところで俺の純愛ルートについて話そうか。俺が主役なんだよ、今日は。みんな忘れてるみたいだけど」
--------------------------------------------------
望月 > 「あ、やっと俺と大井川さんの顔が戻った」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「おめでとう(´-`)」
--------------------------------------------------
望月 > 「……神楽坂さんと猪口さんの顔は依然として戻りませんね」
--------------------------------------------------
大井川 > 「旦那が早く元の顔に戻れることを影ながら祈ってるんで……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「セミ団子中毒なのだろうな。ところで忘れていないぞ、大井川(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……でね、恋愛より家族を大事にする俺の恋愛観なんだけど。君達はどう思う?」
--------------------------------------------------
望月 > 「素敵だと思います」
--------------------------------------------------
榛名 > 「あり得ないと思います」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「m9(^Д^)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「両極端だねぇ……君達は」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……って、え!?ちょ……どういう意味なんですか旦那ぁ!!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「(´-`)」
--------------------------------------------------
望月 > 「もう神楽坂さんのことは忘れましょう」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ところで俺の誕生会とは」
--------------------------------------------------
望月 > 「……そういえば」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「なんだね」
--------------------------------------------------
望月 > 「俺、自分のアナザーで服毒する予定だったんですけど、相談したらいい顔されなかったんであんな形になったのを思い出しました」
--------------------------------------------------
榛名 > 「突然何のカミングアウト?」
--------------------------------------------------
望月 > 「いえ、折角なので……裏話を」
--------------------------------------------------
大井川 > 「理也くんは何しても大丈夫だったかもなー……と今なら思う」
--------------------------------------------------
望月 > 「あの、何をもってしてそのような話に……?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「いや、君が圧倒的な一番人気なので……他キャラが泣くくらい」
--------------------------------------------------
望月 > 「…………」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「その発言、一番殺傷能力が高いぞ、望月にとって」
--------------------------------------------------
望月 > 「お、大井川さんの誕生日ですからね!大井川さんの話をしましょう!!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「え、褒め言葉だよ?」
--------------------------------------------------
望月 > 「うわああああぁぁぁぁぁ……!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「……望月が全力疾走でフェードアウトしていったぞ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「ところで僕は何で好き嫌いが物凄く分かれるんだろ?普通って感想あんまり見ないんだよね、僕の場合」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「マニアック王だから」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……共感が難しかったんじゃないか?マニアックだから」
--------------------------------------------------
榛名 > 「マニアックじゃないよ!!僕、心の底から彼女が好きで好きですきですきですきですきですき……だっただけだよ!!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「何か危うい……というか、不可解な匂いを感じ取ったのかも知れない」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「言いえて妙だな、不可解」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……僕、不可解なのか」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「良かったな、自分が知れて」
--------------------------------------------------
榛名 > 「……そんなの嬉しくないよ。もっとポジティブな自分が知りたかったよ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「榛名のポジティブな点か……前向きな変態性じゃないか?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「こ……個性的!だと思うよ!一言で言い表せない性格してるし!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「個性か……昔、欠点を個性と言っている人間を見たことがあるぞ」
--------------------------------------------------
榛名 > 「欠点だってその人の人間性だろ!個性!上等だよ!!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ところで俺の誕生会とは」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「何か言い残したことがあれば今言いたまえ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……セミ団子ケーキでお祝いしていただきました。みんな、ありがとう」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ところで猪口がずっと(´-`)の顔なのが、俺的には非常に気になるんだが」
--------------------------------------------------
榛名 > 「その顔張り付き続いてるのは……ちょっとだけ、怖いな……?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「中毒なのだから仕方ない」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……セミ団子ケーキ怖いね。今度は普通のケーキでお祝いしようね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「あと、俺の右腕もロケットランチャーを発射したかのごとく戻ってこない」
--------------------------------------------------
榛名 > 「神楽坂さんはサイボーグだったんですか?」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「まあ、この若さと美貌だからな……君がそう思うのも無理はない」
--------------------------------------------------
榛名 > 「自分で言ってりゃ世話ないですねー」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ところで次の誕生日は誰だ?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「攻略キャラの誕生日は一通りお祝いしましたーわーぱちぱち」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ほう、では君で最後か」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ええ。もうすぐ本編発売からも1周年になりますしね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「早いな……もう一年も経つのか」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ホントですよ。時の流れは恐ろしい!」
--------------------------------------------------
猪口 > 「いろいろありましたね……開発中とか」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「猪口の顔が元に戻ってるな」
--------------------------------------------------
榛名 > 「渉ー!待ってたよ!……開発中の修羅場は目もあてられなかったよ」
--------------------------------------------------
猪口 > 「(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「だめだな。再発してる」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……病気かよ!って思わずつっこみたくなるな、流石中毒性が高いだけある顔文字だ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「大井川的に開発中の一大ニュースはなんだった?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……ええと、タイミングの悪さですかね」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ほう?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「凄いんだよ月影はね!何かっていうと、時期が悪くてね!疫病神につかれてるのかなって思ったこといっぱいあった!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「お祓いに行った方が良かったのでは?」
--------------------------------------------------
大井川 > 「いや、本当にそういうレベルでタイミングが悪くて……。運も実力の内って本当だなって思いました」
--------------------------------------------------
榛名 > 「物凄く忙しかったんだよね、社内全体的に……」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「猪口は何かあったかね」
--------------------------------------------------
猪口 > 「この場では書けないような事がたくさんありましたね(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「その通りだな(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「いいことないのかよ(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「まあ、それも月影らしいな(´-`)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ステラワースさんで初めて缶バッジ置いてもらえたよ!それ俺にとっては一大ニュースだったよ!それだけいっとくね!(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「確かにその件は非常に嬉しかったな(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「それにしても俺の右腕は依然として行方不明だな(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「一番人気の責任は重大だね(´-`)(´-`)(´-`)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「君は本当にいい性格をしているなm9(^Д^)」
--------------------------------------------------
大井川 > 「まぁ、何はともあれユーザーさんに喜んで頂けたことが一番嬉しいニュースです。俺の誕生日より嬉しいよ」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「誕生日おめでとう大井川m9(^Д^)」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「おっと間違えた、おめでとう(´-`)」
--------------------------------------------------
榛名 > 「おめでとーございまーす」
--------------------------------------------------
猪口 > 「おめでとうございます」
--------------------------------------------------
大井川 > 「ありがとう!……ということで、しまらないけどしめよう。終わらないから」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「明日に響くしな」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「神楽坂響だけに」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……色んな意味で寒さには気を付けてな!」
--------------------------------------------------
榛名 > 「じゃ、またね!僕の可愛い彼女たち!」
--------------------------------------------------
神楽坂 > 「ではな。健やかに暮らせよ」
--------------------------------------------------
大井川 > 「……いつまでも愛してるよ、俺の可愛い妹達」
--------------------------------------------------
猪口 > 「またいつか何処かでお前達に逢えることを祈ってるよ」
--------------------------------------------------
望月 > 「紅霞市で皆様のお帰りをお待ちしております!」
--------------------------------------------------
大井川 > 「あ、お帰り理也くん。つーかさ、紅霞市で待ってたら、誰も逢いに来てくれないと思うの……」
--------------------------------------------------
 ホーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。