スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2月28日は……猪口誕生祭!!

2月28日は猪口さんの誕生日です!
恒例になりましたキャラクター達のチャット風景を是非ご覧下さいませ!
今回は一風変わったキャラクター選抜になっておりますので、
いつもとはまた違ったノリをお楽しみ下さいね。
……勿論、いつものメンバーも出てきますのでご安心を!!
(※チャット風になっておりますので、お手数ですが下から上へ向かってお読み下さい)

※担当者がインフルエンザでぶっ倒れておりまして、掲載が遅れてしまい申し訳御座いません。
 寒暖の差なども激しい今日この頃ですが、皆様も体調には十分お気を付け下さいね!




--------------------------------------------------------------------------------
ナレーション「勿論、この後用意されたセミ団子ケーキの恐怖が来るとは誰も知らないまま……」
--------------------------------------------------------------------------------
ナレーション「こうして猪口渉の到着を待ちながらにぎやかな夜は更けていくのでした」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「ええ。そろそろいらっしゃると良いんですが……」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「後は猪口さんとノアくんと大井川さんだけ……ですよね?」
--------------------------------------------------------------------------------
榛名「せめてお茶にしろよ」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「それより女将、榛名に水でも出してやったらどうかね?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「あ、いえ……」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「? どうかなさいましたか、お二人とも」
--------------------------------------------------------------------------------
榛名「……って、何だ野郎共もいるのか。仕事してればいいのに」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「奇遇だな。俺もだ」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「ええ……」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「君の忘れていたものは、思い出したかね?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「ああ……」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「榛名さん、お待ちしておりました。どうぞお座りになって下さい」
--------------------------------------------------------------------------------
榛名「待たせてごめんね、めぐみちゃーんっ!!」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「そうかもしれませんね」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「? 主役のお出ましか?」
--------------------------------------------------------------------------------
☆ぴんぽ~ん☆
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ(うーん……皆さん、遅いなぁ……)
--------------------------------------------------------------------------------
望月「何ですか急に。……まあ、忘れてしまうってことはさほど重要なことじゃないんでしょうね」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「聞いて驚くが良い。俺の年は十九だ」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「し、失礼な!」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「忘れてしまうなど、君も年かね?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「なんでしょう。……うーん……」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「勿論、私も用意しております。……でしたら、何でしょうか?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「俺だって用意してきましたよ」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「贈り物などではないかね? 俺は無論用意してきたが」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「こう……ここまで出掛かっているんですが……」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「何か……ですか? 何でしょう?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「そうですねえ……あれ、そういえば何かを忘れているような……」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「しかしもうそろそろ時間になる。主役が来ないと始まらないのだがね」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「は、はい……すみません。ありがとうございます」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「そんな、申し訳ありません望月さん。是非、お座りになってお待ち下さい」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「……気づかずすみません! 手伝います、冬浦さん」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「いえ、私はこうしているのが好きなので良いんですよ。お気遣い、有り難う御座います」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「しかし君も、今日は女将のような仕事をしなくても良いのでは?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「あ、すみません!」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「いえ、皆さんも毎日お疲れ様です。……さ、お茶のお代わりをどうぞ?」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「あ、そうなんですか? お疲れ様です」
--------------------------------------------------------------------------------
めぐみ「あ、ごめんなさい。兄も仕事だそうで。“時間までには帰る”と言っていたんですけれど……」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「そういえば大井川さんもいませんね」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「社会人の務めだよ」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「残業か……大変だな」
--------------------------------------------------------------------------------
神楽坂「仕事があると聞いているがね」
--------------------------------------------------------------------------------
望月「猪口さん遅いですね」
--------------------------------------------------------------------------------


======その頃、小料理屋『月の畔』では……======
(※以降はチャットではなく、通常会話です)


--------------------------------------------------------------------------------
システム > 市長さんが退室しました
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 良し、今後もこの話を生かして街をしっかり支えてゆかねば……
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 新聞屋さんが退室しました
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 素晴らしい記事にしとくんで、楽しみにしててくださいね。市長
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ……ってわけで、用済みの俺も失礼させて頂きますね
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 深海さんが退室しました
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > では
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > またなー!!
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 猪口さんが退室しました
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > それでは皆さん失礼します
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ええ、勿論ですよ。ああ坊や、またね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ああ、すぐ帰るから
--------------------------------------------------------------------------------
システム > のあくんさんが退室しました
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ほかならぬ市長の頼みですから。しかし次からは内容を教えてください
--------------------------------------------------------------------------------
のあくん > それじゃあ僕、先にお兄ちゃん待ってるね
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 今日はありがとうございました、先生
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 私は基本忙しい身なので、呼んで頂けるのは嬉しいですが次からは内容を教えてください。では
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > またこうした有意義な会を開けることを楽しみにしているよ。それではね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい、お疲れ様です。皆様もわざわざ自分の為にお集まり頂きありがとうございました
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやいや大丈夫大丈夫! 今日はお疲れー!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > それでは折角用意していただいた席なのに最初に失礼して大変申し訳ありませんが……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (微笑ましいなぁ……こっち記事にしようかな、俺……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ノア、お兄ちゃんはまだ着替えても無いぞ
--------------------------------------------------------------------------------
のあくん > わぁい、やった。ね、お兄ちゃん! 僕は準備出来てるから早くいこう!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > そうだな。彼女達を待たせる訳にもいかないしな
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > !! 先生、そうですよね、愛する市民やこの街の為に睡眠も大事ですしね!!!
--------------------------------------------------------------------------------
のあくん > ねぇお兄ちゃん……でも時間だよ?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 市長、明日に差し支えますから……
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > そうですか? 私はまだ話したりませんが……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (ってかぶっちゃけ早く妹の飯食いたいんで~す……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > そうですか? じゃあ……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > そうですよ! 後は俺の凄腕編集にまっかせてくださ~い!!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ええ、実に充実した記事になるでしょうし……ねえ新聞屋さん
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやぁ……いいんじゃないですかね、この辺で
--------------------------------------------------------------------------------
のあくん > そうだよ。そろそろおねえちゃんの所に行くんでしょう?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ええ、どうやらそのようです。駄目だぞノア、俺はまだ仕事中なんだ
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > おやおや、猪口くんの弟かね?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (のあって書いてあるだろうに……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ノアか?
--------------------------------------------------------------------------------
のあくん > お兄ちゃん、お仕事終わるのまだあ?
--------------------------------------------------------------------------------
システム > のあくんさんが入室しました
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (否定もしないのか)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > なんと……なんと深いお言葉! 猪口くん、是非胸にしっかり刻みつけて
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい! 精進します!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 慎み深い大人になってください。市長のような
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 深海さんからも、彼への誕生祝いコール下さい! 大々的に取り上げるんで!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 君の輝かしい未来はまだまだこれからだね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > なるほど。すみません、読み取れず
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > い、嫌だなぁ……深い意味はないよ! ただいつまでも若い感性の持ち主だーとか言いたかっただけで
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > それは……22で俺の人生が終了するということでしょうか……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 渉くん、お誕生日おめでとう!! 永遠の22歳だね!!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > なんでしょう
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あ、そういえば言ってなかったことがある!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ああ、すみません。お気にせず
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > おや先生、後ろに余計なものがついていますよ?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > そうですね(棒)
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > え、ええと……こんな渉くんですし、良い未来を作ってくれますよね、深海さん
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ……そうでしたっけ?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 違う、誕生日を祝う会です市長
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 無論、この紅霞市の輝かしい未来を語る会ですよ
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ところでこれは何の会でしたかね?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (……って俺が乗せられてどうする)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 市長が貴方を呼ばれた理由が良く分かります。さぞ百戦錬磨なのでしょうね
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやぁ照れるなぁ……! まぁ仕事だからね。渉くんが仕事を大切にするのと同じだからね
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (どの口がそういうことをいうのだろうか)
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 大したもんだよ素晴らしい優しさだ! まぁ紅霞市の人達ならみんな持っているものだけどね
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (ボケが大量に集まって話が進まないな……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > これは参りました。誘導尋問だったんですね……流石ブンヤさんはすごいですね。話術が巧みだ
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 見て下さいよ市長、この渉くんの優しさ! 紅霞市にとっても必要なものですよね! 優しさ! 思い遣り!!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > おっといけねーいけねー……今日は渉くんの取材だった!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ええ、そういえば
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ……というか、何故新聞屋の君がそんなに必死なんだい?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > いや、駄目です。人が無闇に増えたら彼女に迷惑が……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > そうですよ、そしたら渉くんの言ってる小料理屋もすぐに分かりますよ!!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > そうなのですか……たまにはお仕事を休まれて、市内を散歩するのも良いですよ
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ううむ……どうも思い出せないのだがね。私は市長職で忙しくて、広場以外で中々庶民と接しないからなぁ……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ちょっと!! 超美味い店があるじゃないですか市長! 市長!! (@@;)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > あります!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 商店街の……はて、どこかに小料理屋などあったかな?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 市長、知りませんか? 商店街の……おっと、その手には乗りませんよ
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (……これは心の声ではないのかね?)
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ほう、それではどういった女性なのかね?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (思いましたがスルーして乗っかりましたよ~ややこしくなりそうなんで~>深海さん)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 彼女はそういう人じゃないんです
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (釣った魚を持っていく話ではなかった気がするのだが)
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (猪口、文脈を読み違えてないか?)
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あれ? そうなの? イケメンに魚貰ったら女の子喜ぶと思うんだけどなぁ……
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 多分自分が持っていって魚を渡しても、受け取らないでしょう
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > いや、全宇宙かな。ははははは、素晴らしいね猪口くんは
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 彼女は人からの贈り物を受け取らないんです
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやー魚美味いよなーって。んで、さっきの小料理屋の女将に魚料理を出してもらう……と
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 魚は美味い! 紅霞市の魚は全国民……いや、全世界に誇れるね!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 何か?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (これ記事にすんのかー辛いなー……2回目だけど)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > すべてです
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ……ん? 魚? 魚のどの辺りが譲れないポイントなのかな?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > さっすがは先生。いやはや、お目が高い!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 魚です
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 私はここで見守らせていただきますから
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > いいえ、どうぞ市長。市長が発言すると場がにぎやぎますからね
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ……とと。渉くんが、今後紅霞市を担っていくにあたって、これは譲れない……ってものはある?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あ、握り飯美味いよねー! 仕事は大変だけど、お米も美味いよね、紅霞市
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > (……茶番も茶番だな。記事の際、私の存在は消させよう)
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ……おっと、そろそろ静かにしないと先生に怒られてしまう
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 勿論だよ! 君と同じ、私もこの街を愛しているからね!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 新聞屋さん。握りは握り飯のことです
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > その通りです市長! やはり市長はこの島を愛しておられるのですね!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あれ? お寿司になってるぞ……! そ、それじゃあ次の質問はええと……
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > まぁ、紅霞市の魚は美味しいからね、仕方がないところもあるんじゃないのかな? ねぇ猪口くん
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 握りに味噌を塗った物はいいですね。美味いです
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (あれ? 何か魚が前提で話が進んでいるような……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 一番……参りましたね。焼いた物もいいし、生もいいし……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > それじゃあえーっと……あ、一番好きな料理とか聞いちゃおうかな?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい。料理の種類ももっと豊富にすべきかと思います
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > それはえーっと……食糧自給の問題かな? うん? 魚は一杯取れた方がいいとは思うけども
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 魚だと思います
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 先ほどはああ言いましたが、その記事を読んで、この島のことを改めて皆に知ってもらえる機会がもらえるのならば
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > まぁまぁ、かたいことは言わず若人も沢山おりますから、楽しくやりましょう先生
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 紅霞市が今後発展していくにあたって、大事なものは何でしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 深海さん。自分は全く気にしておりません
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ……ははっ、失礼しました。……ということで気を取り直して!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 彼の記事を読むのは女性だけじゃないだろう。それとも君の記事構成ではそういう風に取り上げるつもりだと?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いや、だって色恋沙汰ですよ! 世の乙女達が一番気になるところじゃないですか!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……君はゴシップ記者か?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > おお! そこんところをもっと詳しく聞かせて下さい!!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ええ、非常に。すばらしい女性です
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > おや? ……ということは料理が美味しい以外にも、その女将さんに魅力があるんですかね?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ……おっと、記事に書かれたら彼女を見にお客が増えてしまいそうですね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > とても気の利くご婦人が営んでいる店なのですが
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > おっ、お勧めですか! それを是非是非聞きたいですね~!!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 美味い小料理屋がありますね
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > おっと失礼。私の紅霞市のことになると、つい熱くなってしまって!! (=^^=)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > さかないがい……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 一杯いるよなぁ! ……ええっと、魚以外には何かあるかな?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 市長、司会の彼に話を振られた時にだけ発言しましょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 魚だけではなく、タコやイカ、カニやエビなど魚介類が豊富な紅霞市! 素晴らしいね!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 魚の種類が豊富!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 海綺麗だもんなー! この国でも誇れるレベルだよな! ……他には?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 魚が美味い!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あ、勿論市長じゃなくて渉くんに!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ええと……じゃあまずは、紅霞市のいいところについて話して貰おうかな?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > その通りです市長
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > そして深海先生の言葉なら司会は譲るよ。私はゲスト……ということだから、それを楽しませて貰うよ
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > そんなことはない! 君が有能だから、こうして新聞に取り上げるのだよ!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 売名行為の様で気が引けますね……
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 一個人の誕生日祝いを記事にするのですか……
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやーそれは構わないですけど、いいんですか? 市長
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 編集というのは難しい作業だからね。私以外の言葉をどうよりわければいいか、悩んでいるのだろう?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 私権限で君が司会をやってくれ。もちろんここの会話はカットで
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いや、でも市長権限なんで……
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……新聞屋。君の名前は知らないが、君もこれを記事にする訳にはいくまい?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (これ記事にすんのかー辛いなー……)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ありがとうございます
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ほほう……まるで将来の猪口くんのようだね! 寿司と一緒で君もビッグだ! 私くらいにね!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ええ、いろんな意味で言葉がありませんよ
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 握れます。手のひらが大きいので、よく弟におにいちゃんの握るお寿司大きいねと言われますが……
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 先生もあまりの私の有能振りにびっくりして言葉も出ませんか!?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > え、ええと……刺身美味いよなぁ! お寿司とかはどう?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > はあ……そうですか
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ところで得意料理は刺身です
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 先生、聞いて驚いて下さい! なんと……私が呼んだんですよ! 是非この有意義な会話を紅霞新聞の一面に取り上げて欲しくてですね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 俺はそんなに有名だったのか……知りませんでした
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > え? そりゃその……あ、ほら、“紅霞市の未来をしょって立つ猪口くん”って言ったら渉くんしかいないかなって……推測?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > それ以前に個人の誕生祝いに何故新聞屋が?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ここが? そんなに無法地帯には見えないですが……ところで新聞屋さんはどうして俺の名を?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > と、得意料理とか言っちゃおうか! ね!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ここだよ。このチャットが無法地帯なんだよ渉くん!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ほほう……それでは市長のお手並み拝見と行きますか
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 先生? こういうのは何事も臨機応変に楽しみませんと、ね!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > どこがでありますか! どこが無法地帯に!
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ほう……流石私と共に紅霞市の未来をしょって立つ男だ。立派だよ猪口くん!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……市長、無法地帯になっていますが?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > はい。自炊はします
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > ちなみに俺は魚捌いたりしません、妹に任せてるんで。……っつーか、じゃあ料理もするの?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あ、てへへ……。新聞屋の癖にドジ踏んじゃいました、こりゃ失敬!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……新聞屋さん。数行前で猪口くんの特技がかかれてますが?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > できます! 新聞屋さんは魚をさばかないのですか?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > え? じゃあそれを捌いたりしちゃうの?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > オニオコゼが釣れます
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ほう。紅霞の海で何を釣るのかね?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 特技は魚をさばくことであります!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 猪口渉! 趣味は釣りであります!
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > (うわーふれあい交流会レベルだ……。ここは司会を強奪すべきか……)
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 猪口くんの趣味特技の披露なら分かりますが、私達のものは必要ないのでは?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 先生? 勿論猪口くんの趣味や特技も披露して貰うんですよ! 当然じゃないですか!! (^^)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > おお、本当に入った (=^^=)
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……猪口くんの誕生日祝いとなんら関係ない気がするのですが?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ……そうですね、まずはお互いのことを良く知る為に趣味や特技の披露など如何でしょうか、先生
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ほう、どれどれ…… \(~o~)/
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > おっとそうでしたそうでした! この輝かしい未来を飾るに相応しい人選で、今日は何を話すか……というと
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > あ、ごめ~ん☆発言欄の隣に”気持ち”ってのがあって、それいれっぱなしにしちゃったよ
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 市長、本題へ行きませんか?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 私のは気持ちを表す顔文字だよ! これは時代の最先端だからキミも覚えると良いよ猪口くん、きっと将来役に立つはずだ
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > ところで市長さんと新聞屋さんの語尾の付物は何ですか?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > へ……? 今日の新聞? (^^)
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 楽しそうですね。ところで新聞屋さん、新聞ください
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > そして私の素晴らしい経歴も一つや二つじゃありませんよ、先生 (^^)
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > 市長はひとつやふたつどころではありませんがね
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > ん? おっとこれはとんだ失礼をしてしまったね、あっはっは。まぁ人間間違いの一つや二つありますからね
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > そうだったのでありますか?
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > いやいやぁ……市長? 今日は渉くんの誕生祝いでは?
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > なるほど、得意です
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > 何を仰ってるんですか先生! 勿論、紅霞市の輝かしい未来を語る会ですよ!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……市長。今日はふれあい交流会か何かなのですか?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > これで全員揃いましたよ! 皆さん本日はようこそ!
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 新聞屋さん。新聞をください
--------------------------------------------------------------------------------
新聞屋 > 今日取材させて頂く紅霞新聞のものでーす☆宜しく!!
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > さて、今回はどのような用件で私は呼ばれたのでしょうか
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 新聞屋さんが入室しました
--------------------------------------------------------------------------------
猪口 > 失礼いたしました。猪口ただいま到着いたしました
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 猪口さんが入室しました
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 夢見る軍人さんが退出しました
--------------------------------------------------------------------------------
夢見る軍人 > おっと……普段使ってる方で入室してしまいました。申し訳ございません
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > おや、今日は本名にした方が分かりやすいかな?
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > ……ところで、夢見る軍人というのは?
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > いやぁ、待っていたよ本日の主役の登場だね!
--------------------------------------------------------------------------------
夢見る軍人 > お待たせしました
--------------------------------------------------------------------------------
深海 > いえ、お気になさらず
--------------------------------------------------------------------------------
市長 > いやはや先生、お待たせしてしまいました! まさか私より早いとは思いませんでしたよ!
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 市長さんが入室しました
--------------------------------------------------------------------------------
システム > 深海さんが入室しました
--------------------------------------------------------------------------------
 ホーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。